ホーム > 活動ブログ

活動ブログ

党務(自民党)活動

自民党青年局有志研修会

2014年05月20日

 今日から1泊2日の日程で上京し、自民党「全国青年部長・青年局長合同会議」に、宮崎県連の青年局長の私と二見青年局次長、そして県連事務局の川上さんと出席することとなります。

 まずは、明日の合同会議に先立ち、本日は「青年局有志研修会」が、衆議院第二議員会館の多目的会議室にて開催され、全国の青年部局長を中心に100名の青年が集いました。

 第一講義は、『統一地方選挙での必勝を期するために』と題して、選挙プランナーの三浦博史氏が講演されました。さすがに、国政・首長から地方議員まで数多くの選挙を手掛けてこられただけあって、極めて実践的で有意な選挙戦術・戦略のお話がいくつもありました。私も、来年4月の二期目の県議選に向け、今日の講義内容を活かしていきます。(ちなみに写真上は、握手の実践指導の模様です)

 第二講義は『北朝鮮による拉致問題について』、内閣官房の片山審議官、そして外務省の丸山朝鮮半島政策調整官が講演されました。自民党青年局では毎年、拉致問題の解決と世論喚起を図るため、全国一斉街頭活動を行っております。今年は、6月1日(日曜日)の15:00から山形屋前にて街頭活動を行います。

 第三講義は『消費増税の影響や使途、社会保障制度改革について』と題して、鴨下一郎衆議院議員が講演されました。社会保障の安定財源の確保と制度の充実への取り組み内容など、わかりやすく重要な内容でした。個々が健康を維持していく自助の面と、低所得者に対する配慮(実質上の還元)についても、具体的な数字を挙げられて、自民党政府の進む方向性を明示された次第です。

宮崎県議会議員 右松たかひろ

党務(自民党)活動, 活動報告

自民党宮崎市支部「平成26年度 総会」

2014年05月17日

 本日、自民党宮崎市支部の「平成26年度 総会」が開催されました。午前中の九州各県議員野球大会に参加した後、総会に駆けつけました。宮崎市支部の相談役として、来賓あいさつも行わせていただき、県議会の直近の状況や、来る6月定例会での自民党としての取り組みなども紹介させていただいた次第です。本県の県都で、中心になって頑張っていかなければならない宮崎市支部ですので、エールを送るとともに、最後は、来年4月の統一地方選の必勝に向けガンバロー三唱で士気を高めた総会となりました。

宮崎県議会議員 右松たかひろ

党務(自民党)活動, 活動報告

自民党青年局ブロック会議が続きます。

2014年04月23日

 県内8ブロックを順次まわり、開催している自民党青年局ブロック会議ですが、今日は「小林・えびの・西諸地区」で開催しました。ここは、宮原義久・元青年局長(写真前列中央)と丸山裕次郎・前青年局長(写真前列左から二人目)を輩出したところで、私もこの地でのブロック会議を楽しみにしていました。地元・古川禎久代議士の佐藤秘書も一緒に、多くの意見交換を交わすことができ、大変有意義な場となりました。

右松たかひろ

党務(自民党)活動, 活動報告

自民党宮崎県連「青年局ブロック会議」

2014年04月19日

 自民党宮崎県連の青年局では県内8ブロックを順次まわり、ブロック会議を開催しています。今日は、「都城・北諸ブロック会議」を都城市で行いました。やっぱり、自民党青年局は多士済々の素晴らしい面々です。

 党勢拡大に向けて、女性部とともに、青年局は先頭に立って動いていくことが求められています。県内8ブロック毎に、ブロック長を中心にして、各支部の青年部長・青年局長同士によるブロック内連携を密にしていくことと、県連青年局の活動内容と役割を県内でさらに浸透させて活性化させていこうという趣旨で、新たな試みとして「ブロック会議」を開催しているところです。

 私は45歳となり、規定により青年局の県連トップは45歳まで(県連の青年局長以外・・役員や各支部の青年部局長などはその限りではありません)となっていますので、6月7日(土)開催の青年局大会でバトンタッチをすることとなりますが、県内青年局の人材の層の厚さを、地域に足を運び強く実感していますので、自民党宮崎県連の青年局が、今後ますます発展していくことを確信している次第です。

右松たかひろ

党務(自民党)活動, 活動報告

自民党青年局・女性部交流会

2014年04月11日

 自民党県連の青年局と女性部の交流会を、三股町のしゃくなげの森で開催しました。ヤマメや黄金イクラに舌鼓を打ち、山一面をおおう“しゃくなげの花”を存分に満喫しました。党勢拡大を図っていく上でも、私たち青年局は、女性部との連携を大変重要に位置付けています。

 今日は素晴らしい交流会になりました。最高のおもてなしをしてくれた、しゃくなげの森の池辺社長(自民党県連青年局幹事)に心から感謝します。

右松たかひろ

党務(自民党)活動, 活動報告

政策プレゼンコンテストへの応募案内

2014年04月07日

 私が局長を務めております自民党宮崎県連・青年局から、政策プレゼンコンテストへの応募のご案内をさせていただきます。

——————————————————————————————–

 自民党青年局長が小泉進次郎衆議院議員から松本洋平衆議院議員にバトンタッチされ、今年、新たな取り組みとして、全国規模で『政策プレゼンコンテスト』を開催することとなりました。

 各都道府県で大会を行い、今年秋には、党本部にて「決勝大会」(公開プレゼンテーション)が盛大に開催されることになります。

 まずは、宮崎県大会において、多数の応募を心からお待ちしています!

  ~テーマは、『夢と希望あふれる日本へ  わたしが描く処方箋』 になります。~

 大会の開催日は、平成26年6月7日(土)で、自民党宮崎県連の青年局大会にて、プレゼンテーションの時間枠を設けます。

 なお、表彰は、最優秀賞1本で、副賞として『iPad mini』

 特別賞として2本、副賞として『ミヤチクお食事券(1万円相当) をプレゼントします!

 応募資格、応募方法等は、下記画像をクリックしてください。

プレコン表

 

◆ 政策プレゼンコンテスト・エントリーシート→ PDFファイルExcelファイル

◆自民党本部青年局 プレゼンコンテスト→ リンク

右松たかひろ

党務(自民党)活動, 活動報告

自民党1区女性部研修会

2014年03月29日

 自民党県連女性部が、衆院選挙区ごとに開催している研修会に、青年局長としてお招きを受け出席しました。1区の各支部の女性部や職域の幹部の方々が多数集われ、私も挨拶をさせていただき、来賓として、武井俊輔衆院議員、長峯 誠参議院議員からは国政報告がありました。

 女性部の皆さま、真剣にお聞きになり、その後の質疑応答では活発な意見交換の場となりました。 私からも、今年度の厚生常任委員会副委員長や自民党厚生部会長の経験から、医療・福祉の分野で、本県行政への政策提言の中身や議会の報告もかねて、回答させていただいた次第です。

 とても有意義な研修会となり、平部長をはじめとした女性部の意識の高さや、エネルギーの強さに、改めて敬服した次第です。

(写真下は、三股町のしゃくなげの森で開催した青年局と女性部との交流会での平女性部長とのツーショット)

右松たかひろ

党務(自民党)活動, 活動報告

第4回ひむか塾を開催しました。

2014年03月08日

 本日、第4回ひむか塾(第3期自民党ニューリーダー育成塾)を開催しました。塾長として挨拶したのち、早速、講座を始めました。

 第1講座は、「県議会の現場から」と題して、私と二見県議が講師を務めました。

 私からは、過去6回の県議会の一般質問で、自ら提言した『政策集』などを資料に、議会で政策提言を行うことの重要性をお話ししました。私は、この3年間で所属してきた各常任委員会・特別委員会が所管する分野を中心に、議会で、数多くの政策提言を行ってまいりました。当然予算が伴うものもあるわけで、たとえ採用される提言が少なくとも、本県の課題を正面から受け止め、その解決策を、政策提言として、発信し続けることこそが、私にとっての議員の本質的な仕事だと認識しています。議会で行う政策提言の意義というものを、塾生の皆さんにお伝えをした次第です。

 第2講座はワークショップです。テーマは『現場の声を県政に!』であります。塾生に、「地域活動」、「医療・福祉」、「商工」の3つの分野に分かれてもらって、活発な議論を行ってもらいました。予算が必要なもの、またゼロ予算で出来るもの、県政や市町村政治に対し、どのような形の提言でも構わないことを基本に考えていただき、最後に3グループの代表者に発表してもらいました。(下に続く。)

 発表は、3グループとも大変興味深いもので、今後さらに肉付けしていけば、本県の発展に十分に資する提言内容でありました。

 実は、自民党青年局では、『政策コンテスト』を行うことになり、その要項が、つい先日本県にも届いたところです。まずは、5~8月をめどに各都道府県ごとに予選会を行い、その優勝者が、党本部での全国大会に出場する形式となります。今日のワークショップの中からも、全国大会に行ける政策に仕上がることを期待をした次第です。

右松たかひろ

党務(自民党)活動, 活動報告

自民党青年局ブロック会議

2014年02月10日

 現在、自民党県連の青年局では、県内8ブロックごとの会議を順次、開催しています。先日の「宮崎市・東諸県ブロック」に続いて、今日は、「西都・児湯ブロック」における各支部の青年部長・局長さんに集まっていただき、様々な意見交換を行わせていただきました。普段、ブロック内でも一堂に集う機会がなかなか持てませんので、青年局内での横の連携を深めていく上でも、大変意義のある意見交換の場だと感じております。

 今後、5月までにかけて、残りの6ブロックでも開催していく計画を立てています。青年局の活発な活動展開が、党勢拡大にもつながっていくと、確信しています。毎年の最大行事である「青年局大会の成功」や「党員拡大」など、成果につなげていかなければと、県連の青年局長として、決意しております。

右松たかひろ

党務(自民党)活動, 活動報告

ひむか塾「国政視察研修」(2日目)

2014年02月05日

 ひむか塾の国政視察研修2日目になります。 

 第3講座は、自民党青年局次長で中央政治大学院副学院長の鈴木馨祐衆議院議員で、テーマは「日本財政から見た社会保障政策」でありました。36歳と若く、また財務省出身で国際金融や財政問題のスペシャリストであり、講義内容も大変分かりやすく、充実した内容でありました。

 国の歳入・歳出の一般会計予算からみる財政の現状の話から入り、金利や国民負担率、そして消費税、法人税、所得税などの税制と社会保障の今後の推移ならびに鈴木代議士の考える方向性を伺いましたが、大変説得力のあるものでした。とりわけ、医療や社会保障の将来像については、大いに示唆に富むものでした。  

 

 第4講座は、山本有二衆議院議員でありました。金融担当大臣を歴任し、衆議院予算委員長で、現在衆議院議員8期目の実力者の方です。1690年代にさかのぼる中央銀行の成り立ち、そしてユダヤ人の世界ネットワークという世界規模のスケールの大きい話から始まり、我が国の金融知識の未成熟に対する警鐘を鳴らされ、金融知識を身に付けることの重要性を説かれました。また、予想インフレ率の数学的論理から、「景気の気は国民みんなの“気”」として、安倍総裁に「株価高を言い切るべき」というご助言をなされていたことなど、貴重なお話をいただきました。

 さらには、今後の地方都市の再生のあり方、発想点など、われわれ地方議員にとっても、極めて有益なお話もいただき、大変な勇気をいただいた次第です。

写真下~正面左から、二見副塾長(宮崎県)、塾長の私(宮崎県)、山本代議士、溝口塾長(熊本県)、橋口副塾長(熊本県)~

 自民党本部での国政視察研修の全講義が終了し、塾生のみんなと靖国神社に向かい、昇殿参拝を行い、今回の研修の全行程を終えました。大変素晴らしい有意義な研修であったことは申すまでもありません。塾生のみんなが、今後の人生に活かしていきたいと異口同音に話されていました。

右松たかひろ

党務(自民党)活動, 活動報告

右松たかひろ後援会事務所 お問い合わせ

右松たかひろ後援会 ひたすら宮崎のために!

■大橋事務所(宮崎事務所本部)/(写真および地図
〒880-0022 宮崎県宮崎市大橋2丁目29番地
TEL : 0985-22-0911  FAX : 0985-22-0910

■住吉事務所(宮崎市北部10号線)/(写真および地図
〒880-0121 宮崎県宮崎市大字島之内1572番地6
TEL : 0985-39-9211  FAX : 0985-39-9213

□E-mail : info@migimatsu.jp (宮崎事務所本部連絡所および宮崎市北部10号線住吉事務所共用)
□Twitter :https://twitter.com/migimatsu5

活動ブログ

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

月別アーカイブ

トップページに戻る