ホーム > みぎまつコラム > 政治信条

みぎまつコラム

政治信条

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。

2024年02月26日

実に10年ぶりでしょうか、妻と映画を観に行きました。

その映画は、「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」

特攻兵、すなわち、英霊との出会いと別れが描かれていますので、時代背景も相まって切ない内容ですが、日本人の純粋な美しい心がとても現された映画だと感じました。

私は、英霊の直筆のお手紙を読むたびに心が洗われ、この方々が祖国のために自らの尊い命を捧げられたに足る日本にしなければ、と、いつも深く考えさせられ、そして自らが政治家として出来るところから行動を起こすことの意義を、使命を、感じております。

現今の日本は、平和こそ守られていますが、一番大切な、日本人としての精神性が失われつつあります。弱い者いじめをしない、卑怯なことをしない、真心を大切にする、祖国に誇りを持つという、日本人の美徳が戦後大いに失われていることに、大変な憂いを隠さずにはおられません。

ただ、諦めてはいません。必ず、日本の素晴らしい国柄や国民性、美徳が見直され、甦ることを信じております。だからこそ、私自身も決して諦めずに力を尽くしております。

新しい時代を切り開くには、我が国の悠久の歴史を顧み、先人の知恵や教えを受け止め、我が国古来からの良さや精神性を生かすことが大事です。誇り・・それは普遍のものであり、古今東西、大切にされているものです。

右松たかひろ拝

2023(令和5)年度, 伝統文化・皇室, 政治信条

語り部座談会~次世代の語り部育成に向けて

2024年02月16日

本日は、県遺族会館2階の会議室において、「令和5年度 語り部座談会~次世代の語り部育成に向けて~」が開催されました。

まもなく戦後80年を迎えようとする中、年々、先の戦争(大東亜戦争)を実体験として話せる方々が少なくなってきており、これからの語り部活動においては、いかに、児童生徒に戦争について実感を持っていただけるような語り部にしていくかは、大きな課題となっております。

私からは以下の内容を、意見交換で申し上げました。

「知覧のトメさん食堂の鳥濱トメさんの、特攻兵を送り出した様子を語った生の声は、私が少年青年のころ見聞きした中でも、とても印象に残っています。今後、青年部で語り部を担当する上で、実体験に勝る説得力はありませんので、スクリーンが必要なDVDよりもっと手軽に活用ができる「録音テープ」を使って、宮崎県版として、語り部授業を行う学校近くでの地域の戦争体験者の生の声を、今のうちに録音しておいてはどうか」と提案させていただきました。

授業のカリキュラムでは45~55分の短い間に、児童生徒に戦争のことを伝えなければなりません。その際に、私が印象に残ったトメさんのような実体験を語った録音テープが、5分でも10分でも子ども達に聞かせてあげることができれば、大変有効ではないかと感じております。

また、私は、英霊の顕彰をもっと語り部にも出していく必要がある、と考えております。愛する祖国と郷土、そして、最愛の人を守るために尊い命を捧げられた英霊をたたえることは、私たち日本人として最も大事なことです。国への誇り、国民の誇りを取り戻すことにもつながります。日本遺族会の、会の目的の1番目にも、英霊の顕彰が書かれてあります。「日本遺族会は、国の礎となられた英霊顕彰をはじめ、戦没者の遺族の福祉の増進、慰藉救済の道を開くとともに、道義の昂揚、品性の涵養に努め、世界の恒久平和の確立に寄与することを目的とする」と。素晴らしい内容です。

宮崎県は、県遺族連合会の関谷会長のご尽力もあって、全国でも語り部の先進県になっています。これからの語り部には、今までの語り部を継承するとともに、これからの時代に求められる語り部を作っていくことも大切だと感じております。

右松たかひろ拝

2023(令和5)年度, 国際平和・社会, 政治信条

今の時代に必要とする考え方・生き方!

2024年02月10日

本日は、所属する宮崎木鶏クラブの令和6年総会・懇親会に出席しました。

総会の議事が全て承認されたあとに、2月度例会に移り、今月号の特集「立志立国」で、その中でも、86ページの、「楠木正成公の生き方と日本人の心」に目が行き、読後感を私から発表させていただきました。

我々、国を憂いる志を持った者においては、楠公精神、という言葉に、大変大きな意義を感じております。幕末の明治維新を成し遂げた志士たちも、この楠公精神に特別な想いを抱いて、新しい時代を切り開いてきました。後醍醐天皇に忠誠を尽くして、鎌倉幕府倒幕と建武中興の核となった楠木正成は、至誠に生きた人です!まさに、私が最も大切にする生き方です!文中にもありますが、勝ち目のある側に味方をする武将の価値観の中で、「自分一人だけでもよい、どんな局面でも乗り切ってみせる」という、利害得失を越えた楠公の覚悟は大変気高く尊いものとして、国の再興を願い信念を持って歩む者にとって、これほど勇気を与えてくれる人はいません。私の生き方もかくありたい!と強く決意しております。

最後の段落の【現代人の多くは「きょう自分が幸せであればいい」「お金さえあればいい」という狭い価値観の中で、もがいて生きています。しかし、神代から連面と続く命の繋がりへの誇り、世界に稀有な日本という国への誇りを持つことで、そこに生を受けた自分自身への誇りも育まれ、この三つ(「智╱大局的に日本のあるべき姿を知ること・仁╱道徳心、博愛精神に満ちること・勇╱それを貫く精神力、実行力があること」)の誇りを揺るぎない地盤とすることで、生き辛いと言われる現代の世の中でも、自分の心を調え、いろいろな困難を乗り越えることが出来るのだと思います】の箇所は、今の時代に極めて必要とする考え方だと強く申し上げ、そしてこれこそ、我が意を得たり、とする考え方・生き方であります!

右松たかひろ拝

2023(令和5)年度, リーダー学, 伝統文化・皇室, 政治信条

夜明け前が一番暗い!!それは、人生も、時代も同じです!

2024年02月07日

今朝もいつも通り、早朝の6時30分から江平五差路での街頭演説をスタートしました。

写真の通り、まだまだ暗いです。この暗い中でも、いつも応援してくださる方々は、私から良く見えます!本当にありがたいです!!心から感謝申し上げます。力が湧いてくる、漲(みなぎ)る源泉です!

「夜明け前が、一番暗い」と言います。この言葉は、人の人生や、努力をしていることについても同様だと、私は強く信じています。

一番苦しい時に、頑張り切れるか、踏ん張れるか・・あとちょっとで夜明けが来るのに、せっかくここまで頑張って来たのに、最後の最後で諦めてしまうのか・・ここに大きな差が出てくるものと感じています!

夜明け前が、一番暗いんです・・

その暗さ・・すなわち、人生で言えば、どん底、を自覚し、あと少しで、夜明けが来る、すなわち、もう少しでその苦難や試練を乗り越えられる、と知っていれば、人間は頑張れるものです・・力がますます湧いてくるものです・・

私にとっても、今がその時、と受け止めて、全身全霊で乗り越え、必ず明ける今の夜を、楽しみ、そして使命感を持って過ごしてまいります!

そして、それは、実は「時代」もそうです!

今は、情報社会から、次の時代・・それは「心が大切にされる時代」へと移る、夜明け前の暗さです!今、情報社会の末期の状況(社会の分断や、匿名で誹謗中傷し人を傷付ける卑怯な姿)が、世にはびこっています。

必ず、朝は来ますので、心ある人たち皆さんと一緒に乗り越えて、新しい時代の幕を共に開けてまいりしょう!!!

人間が、「豊かな心や、豊かな生活が送れる社会」へと!!

そして、それを成し遂げるのが・・「政治」です!!

右松たかひろ拝

2023(令和5)年度, リーダー学, 政治信条

いよいよ時代の転換期に入りました~情報社会の終わりの始まり!

2024年02月05日

今朝は、結構な量の雨が降っていましたが、いつも通り早朝の6時30分から辻立ちです!

雨が降らなければ、マイクを持って、私の志や、政策提言、そして、政治への熱い思いを訴えていますが、あいにく雨が降った時は、致し方なく、あいさつ運動になります。

政治家は、言葉が命!

そして、大事なことは真心からの言葉であること!

真心は、通じますから・・・

もちろん、「心ある人」にですが・・・

頑張って行きましょう!

必ず、世の中は良くなります!

世の中を変える!・・私もその一助となってまいります!

終わりの始まりの様相を呈している情報社会から、新しい時代へと世の中は変わります!

見たくも、聞きたくもないニュースが溢れ、世の中がすさんでいますが、

これからは・・

心ある人が大事にされる時代です!

新しい時代が、とても楽しみです!!

右松たかひろ拝

2023(令和5)年度, リーダー学, 政治信条

後藤俊彦宮司~長い占領政策の呪縛から目覚めつつある日本

2024年01月12日

愛読する月刊誌致知1月号の巻頭の言葉は、郷土の覚者である高千穂神社の後藤俊彦宮司でありました。その後藤宮司の言葉を抜粋して下記に記します。

------

先の大戦で史上未曾有の敗北を喫したわが国は、戦勝国が押しつける価値観をすべて不用意に受け入れてきた。その中で国際法にも抵触する過ちは憲法の押しつけであり、わが国の文化と古典教育の否定であった。その主な原因は当時の連合国が日本人の精神性としてもつ武士道と、近代思想としての軍国主義を混同した点にあったと思っている。これにより悠久の昔から築かれてきた社会の仕組みや伝統的価値観が失われてしまった。

(中略)

戦後の日本は今ようやく長い占領政策の呪縛から目覚めつつある。わが国の歴史は古く、聖徳太子の十七条の憲法や鎌倉時代の御成敗式目の中には、すでに国家のあるべき理性と道理が「人の道」として説かれている。国であれ、一個人であれ、危急存亡の時こそ私共は古典の知恵に学び、わが国の真の自由と名誉を守り抜く意志が肝要と思われる。

------

後藤宮司のこの言葉は、我が意を得たりで、まさにその通りであります。私たちはもっと目覚める必要があります。国の健全な発展や寛容な社会、日本人の豊かで誇りある精神性を損なおうとしている動きは何なのか。その答えはもうすでに私たちには見えています。

毎日のように、見たくもない嫌なニュースが流れます。それによって人々の心がすさみ、嫉妬や妬みがはびこり、相手に対して攻撃的になり、人を叩くことでせいせいし、ネット社会のなれの果てとも言うべき、自らの素性を明かにせず憂さ晴らしの誹謗中傷で他人を大いに傷つける・・卑怯で情けない堕落した世の中から、私たちは正気を取り戻していかなければなりません。

国政に目を転じても、なぜ国民のための改革が遅々として進まないのか、それを阻害する動きはなんなのか。その答えも明らかになりつつあります。それをも乗り越える力と信念と真心を持ち、国の行く末を見据え、国民を向いた、真の政治家が今こそ我が国には必要であります。

憲法や教育も極めて大事で、我が国が悠久の歴史から長年にわたり培ってきた価値観や、文化や生き方が、発揚されたものへと変えていかなければなりません。

心ある人たちは、志ある者は立ち上がらなければならないのです。時は熟し、待ったなしなのです。それほどまでに、行き着くところまで行き着いた様相を世は呈しています。

右松たかひろ拝

2023(令和5)年度, 伝統文化・皇室, 憲法改正, 政治信条, 教育再生

今年の正月は、私の志の原点「私淑する松陰神社を参拝」

2024年01月02日

令和6年正月2日目、私淑する吉田松陰先生を祀る松陰神社へ初詣に参りました。

松陰先生は私が最も私淑する偉人で、維新の胎動を起こされ、主宰した松下村塾の門下生では元勲の伊藤博文や山縣有朋はもとより、三条実美ら五卿に対し「これから長州男児の肝っ玉をお目にかけます!」と功山寺で挙兵した高杉晋作や久坂玄瑞など、歴史を動かした錚々たる人物を輩出しています。

松陰先生は、常に、至誠の人で、知行合一の人でした。これだけ真心から人に接し、自らも烈火の如く生き、そして、我が国の行く末を心底憂い、深い学識と信念を持って、祖国のために身を投じられた方はおりません。

今の、情けなくかつ嘆かわしい世に、まさに松陰先生のような方がおられれば、日本は、確実に生まれ変わることでしょう!

政治家はかくあらねばなりません・・・国民の豊かな生活の実現ために、美しく強い日本の実現のために、正しい道へと、身を捧げる覚悟を持った政治家であります。

私は、松陰先生の生き様に、少しでも近づきたく存じます。

そのような決意をしながら、息子の初宮参り社でもある松陰神社を、家族みんなで参拝をいたしました。

右松たかひろ拝

2023(令和5)年度, リーダー学, 政治信条

嫌なことを全て置き忘れる令和5年の大晦日!!

2023年12月31日

今日は令和5年の最終日。今日の大晦日に、令和4年、5年と、人生で一番嫌だったことを、全て、今日で置き忘れます!

生来、人を信じやすく、人に対して真心で接し、何かと人に優しくする性格が、これほど災いするかと、思い知った約2年間でした。

悪い人は世にいるものですね・・・つくづく感じました。

そして、それに乗じて報道を鵜呑みにして、私のことを知らずに叩く人も人でなしです。社会が大きく歪んできている証左です・・・

でも、その経験が私を強くします!そして、その経験がこれからの私の人生を支えます!

そして、こんなひどい経験をしても私の性格は変わりません。これからも、人を信じ、人に真心で接し、人に優しくしてまいります!これが、私そのものです。

嫌な、災いのすべてを、令和5年に置き忘れます!

明日から、新しい令和6年がスタートです!

これからも、全てに前向きに、そして、宮崎を日本をそして社会を良くしていく、自らの志の実現に、私の人生を捧げます!

右松たかひろ拝

2023(令和5)年度, 政治信条

4期目の県議選に向けての決意表明

2023年03月11日

『4期目の県議選は自ら持てる力をすべて尽くし、皆さまのお力をお借りして必ず乗り越えてまいります!』

いつも温かいご支援を賜りまして、誠にありがとうございます。

私自身にとって4期目の県議選までわずかとなりました。今回は自らにとっても、大きな政治決戦となります。持てる力をすべて尽くし、皆さまのお力をお借りして、なんとしても勝たなければならない正義と真心の選挙となります。

この1年間は、あまりにも理不尽なことが起こる中で、骨身に染みるありがたさを毎日感じる日々でありました。人がピンチの時に、試練の時にいただける応援は、筆舌にしがたい、感謝の念に堪えないものです。なんとしても応えなければなりません。応える道は一つしかありません…本物の、真の政治家として、「素晴らしい宮崎県をつくり、より良い生きやすい社会をつくっていく」ことに尽きます。

そのために、今回の選挙は、幕末の船中八策になぞらえて、「右松八策」を策定いたしました。ここに、私の目指す宮崎の将来像の基本方針が明記されております。8本の柱(戦略)と、それぞれに2本ずつの施策(戦術)から構成されております。

これまでの3期12年で、厚生常任委員長時の当時、紛糾していた県立宮崎病院の再整備を前に進めさせていただいたり、特別委員長として長い県政史で9例目となる議員発議条例の制定など様々な実績を上げさせていただきましたが、今回はさらに「正義の真心」と、「県政策をトータルパッケージで提言」という、私の真心と、宮崎の可能性を最大に引き出す志を掲げて政治決戦に挑みます!皆さまのご支援を心からお願い申し上げます。

『ひたすら宮崎のために‼』

令和5年3月9日 

宮崎県議会議員 右松たかひろ 拝

2023(令和5)年度, 政治信条

終戦記念日前夜の御神灯奉献奉告祭で想いを捧げました。

2020年08月14日

明日の終戦記念奉告祭ならびに戦没者追悼式典の前夜に執り行われました「御神灯奉献奉告祭」に、宮崎県護國神社の総代として参列しました。

写真の通り、御神灯が美しく、目を奪われます。厳かで、とても幻想的な神事でした。

本県も新型コロナウイルスの影響で、参列者も最小に抑えられた神事でした。

明日も、英霊の皆さま方への感謝と平和をお祈りしますとともに、本県を素晴らしい県にしてまいりたい、との想いを捧げてまいります! 郷土の発展に尽力してまいりますので、ご先祖様にお守りいただければありがたく存じます。

宮崎県議会議員 右松たかひろ

2020(令和2)年度, 政治信条

右松たかひろ後援会事務所 お問い合わせ

右松たかひろ後援会 ひたすら宮崎のために!

■住吉事務所(宮崎市北部10号線)/(写真および地図
〒880-0121 宮崎県宮崎市大字島之内1572番地6
TEL : 0985-39-9211  FAX : 0985-39-9213

□E-mail : info@migimatsu.jp (宮崎事務所本部連絡所および宮崎市北部10号線住吉事務所共用)
□Twitter :https://twitter.com/migimatsu5