ホーム > みぎまつコラム > 口蹄疫

みぎまつコラム

口蹄疫

2010年05月28日

ここでは、口蹄疫に関する情報、ならびに、口蹄疫について右松たかひろが様々な角度から意見を述べたものを掲載しております。

議員活動において

2011年5月3日

 口蹄疫を検証する(1)~「MRT資料DVD」から

 議選当選後に、MRT宮崎放送から封書が届きました。中身は以下の2点です。

・「2010宮崎見えざる脅威口蹄疫~メディアとしての闘い~」の冊子1冊

・「同タイトル 資料DVD&CD」

 すべてに目を通しました。メディアからの問題提起として、このたびMRTさんが編纂資料を残されたことは、本県に未曾有の被害をもたらした口蹄疫の問題点を提起し、二度と同じことを繰り返さないためにも、そして後世に貴重な記録を残す上でも、非常に有意なことと受け止めています。

 口蹄疫の問題については、昨年度当ホームページのコラムでも書かせていただきました。甚大な被害をもたらした背景には、人災の側面が非常に強く、また政治責任が重いことにも触れました。今回のMRTのDVDを拝見し、改めて課題を再認識したところです。

 極めて重要な問題点・課題点として、

1.感染源・感染ルートを徹底的に検証・解明しなければならないこと。

2.早期発見が極めて大事な観点から、検査体制を徹底して見直すこと。

3.法令整備。家畜伝染病予防法の抜本的見直しが絶対的に必要なこと。

4.初動態勢の問題点、指揮命令系統の問題点を徹底して改善すること。

 県議会議員として、県民の方々から与えていただきました議席です。県政史上かつて類を見ないほどの重大災害となった口蹄疫についても、徹底した議員活動で関わってまいりたいと存じます。凄惨さを極めた昨年の戦後処理はまだ終わっておらず、またいつ発生するかもしれない状況なのです。

 「口蹄疫」についてもまた、随時、ご報告していきます。

関連情報

■宮崎県庁の関連情報
■JAグループ宮崎「宮崎の畜産を守る」
■農林水産省の関連情報
■Yahoo!ニュース
■海外の口蹄疫関連情報
報道からの抜粋情報(特筆のみ)
2010年6月3日
山田副大臣~「牛の埋設のペースがこれまでの平均で、1日300頭くらい。このままいくと175日かかる」と殺処分の長期化が予想される現状を懸念。 「1ヶ月以内で終わらせるために何らかの対策を講じなければ」と述べる。(宮日新聞)

補正予算額 1次(4.28専決)~5次(7月臨時議会)

平成22年度 口蹄疫対策関連補正予算
~区分~ 1次~5次の補正予算ごとの金額と事業内容
■防疫対策 2億2,470万円(国費5,300万円)~1次・初動防疫
3億7,530万円(国費2億円)~1次・まん延防止対策
3億7,190万円(国費1億5480万円)~3次・初動防疫
3億8,810万円(国費2億600万円)~3次・まん延防止
1億4,000万円(国費2,250万円)~3次・まん延追加
5億円(国費2億2,480万円)~4次・ワクチンによる防疫
20億1,670万円(国費15億9,393万)~5次・初動他
9億円(国費9億円)~5次・市町村消毒ポイント補助
■発生農家対策 50億円 ~3次補正・経営再建支援事業
20億5,177万9千円~5次補正・経営再建支援事業
■稲わら対策 8,417万円~1次補正・確保緊急対策
6,295万円~4次補正・生産供給体制緊急整備事業
■生産安定緊急対策 2億8,525万円~3次補正・肉用牛出荷遅延対策事業
9億8,139万円~3次補正・口蹄疫影響緩和緊急支援
3億1,503万6千円~3次・子牛導入促進対策事業
1億33万3千円~3次・家畜緊急保留施設整備支援
■経営安定対策 1億9,543万8千円(債務負担)~1次・経営維持資金
4,950万円(債務負担)~1次・畜産特別資金融通
1,667万7千円、1億8,281万3千円(債務負担)~1次
4,124万円~1次・緊急対策資金債務保証円滑化交付
1億931万3千円、545万円(債務負担)~2次・畜産経営体生活支援
1億円(繰入金1億円)~3次・畜産経営再生プロジェクト
■ブランド対策 5,074万円~4次・畜産再生再スタート支援事業
■その他(中小企業対策) 25億(諸収入25億)~1次・緊急対策貸付
3,208万4千円~1次・中小企業円滑化補助金
■その他(広報対策) 2,467万8千円~1次・広報活動事業
■その他(職員費) 5億2,000万円~3次・時間外手当等
■復興対策費 2,500万円~5次・復興メッセージ発信事業
合 計
1次補正
(4.28専決)
2次補正
(5.12専決)
3次補正
(5.28臨時議会)
4次補正
(6月議会)
5次補正
(7月臨時議会)
32億9,883万9千円 2億964万6千円 81億167万6千円 426億2,153万円 49億9347万9千円
総計
【補正予算額】
592億2,517万0千円
【特定財源】
474億9,400万9千円
【一般財源】
117億3,116万1千円
【債務負担行為】
8億9,420万1千円

ボランティア受け入れ態勢の現状

自然災害とは違い防疫面から、一般の人が出来ることは本当に限られています。私自身も、本来なら現地に赴き、獣医補助員の作業に従事したいという気持ちは非常に強いものがありますが、関係各所の回答は、受け入れ指導体制が確立するまで待機してもらいたいとのことです。一般ボランティアの受け入れ態勢の整備は防疫面で大変難しいのは事実です。しかし、明らかに補助員の人員が不足している中、長期滞在での召集など、何らかの対策を講じていくことが求められています。(埋設作業や食肉処理は、施設不足・人員不足で、現場の厳しさが日増しに大きくなっています。~6 月1日)

6月2日現在、一般ボランティア(町外)の現地受け入れは不可になっています。

(県および市の対策本部問い合わせ済み)

6月2日水
県対策本部に電話確認
「一般ボランティアの受け入れ予定は今のところなし。県職員、自衛隊、地元でまかなっている。」
市対策本部に電話確認
「一般ボランティアの受け入れはまだ行っていない。佐土原ではワクチンの接種は終了しており、抗体ができ、埋設地の選定がされた後、場合によっては作業ボランティアを募る可能性はある。」
5月25日火
県対策本部の総合支援部に電話確認
「町民以外の一般ボランティアは受け入れることができない状態。」
5月19日水
農政企画課に電話確認
「現在、人手が足りないところは獣医補助員で、主に、牛や豚を追う作業、干し草を移動する作業になる。手当てや保険もつく「知事雇用制度」もあるが、今日現在採用者はゼロである。補助員チームの指導体制ができおらず、ボランティアを志願された方々には、待機をしてもらっている状態である。」

応援メッセージ

私の娘より

感染ルート

いくつかの可能性が指摘されています。このような凄惨で悲しい出来事を二度と起こさないためにも、畜産農家の方々の救済と並行して、徹底した感染ルートの解明を行われなければなりません。感染ルートを解明していく中で、極めてリスクの高い行動が取られていたと判明をしたならば、人災という側面においてその責任の所在を明らかにしなければなりません。リスクヘッジされた高度な政治判断が出来ていたならば、甚大被害を回避し得たと言えるからです。海外との人的交流(研修生の受け入れなど)の追跡調査も含め、徹底した精査が必要です。

危機管理における政治責任

今回の口蹄疫を通じて、極めて重い政治課題が浮き彫りになっています。

  • 初動
  • 指示命令系統
  • 民間支援の受け入れ態勢
  • 防疫対策
  • 被害救済措置

右松たかひろの活動報告「今日の一言」から

5月28日
口蹄疫により畜産農家はもとより一次産業から三次産業に至るまで、本県の地域経済は大きな打撃を被っています。 学校や地域、各種団体による多くの行事も中止または無期延期となり、人の動きも鈍くなっています。今回の口蹄疫を通じて、初動、防疫対策、被害救済措置、指示命令系統、法令面など、様々な政治課題が浮き彫りになりました。一日も早く終息に向かい、宮崎の宝である畜産ならびに地域経済全体を立て直していかなければなりません。そして同時に、様々な教訓を得たことを基に、しっかりとした危機管理体制を築いていかなければなりません。それが政治の責任です。
5月13日
連日の報道でもご承知の通り、口蹄疫が県を大きく揺るがしています。防疫対策を進めているにもかかわらず、感染は拡大の一途をたどっており、現場は疲労困ぱいで県執行部も困惑の色を隠せないでいます。10日に赤松農水相が来宮しましたが、発生から3週間も経つ中、遅きに失しており、危機意識の欠如を指摘されても致し方ありません。 まずは、所管大臣として、しっかり謝罪をしてから話を進めるのが筋です。川南町では半数以上の豚や牛がなくなるという、極めて深刻な事態であり、畜産農家を覆う心の傷の深さは想像にかたくありません。農家のケア、防疫対策ならびに原因究明において、国に総力を挙げて取り組むよう求めます。

右松たかひろ

右松たかひろ後援会事務所 お問い合わせ

右松たかひろ後援会 ひたすら宮崎のために!

■大橋事務所(宮崎事務所本部)/(写真および地図
〒880-0022 宮崎県宮崎市大橋2丁目29番地
TEL : 0985-22-0911  FAX : 0985-22-0910

■住吉事務所(宮崎市北部10号線)/(写真および地図
〒880-0121 宮崎県宮崎市大字島之内1572番地6
TEL : 0985-39-9211  FAX : 0985-39-9213

□E-mail : info@migimatsu.jp (宮崎事務所本部連絡所および宮崎市北部10号線住吉事務所共用)
□Twitter :http://twitter.com/migimatsu5
□携帯サイト : http://www.migimatsu.jp/k/ 平成18年12月26日開設